Re:marks

アウトドアと映画の事を中心に書いていきます。

今度こそは、脱・散らかった部屋生活!

結婚してそろそろ一年経つのですが、同棲生活となるとなかなか自分の思い通りにならない事が出てきます。何かを購入する時にも同意が必要になりますし、処分する時も同じ事が言えます。

 

現在の我が家の状況はというと、服が脱ぎ散らかされていたり、床に物が置かれたり、取り込んだ洗濯物は和室に置かれたままになったり…などなど書き始めたらキリがないのですが、そんな状態を見て僕はストレスを感じており、僕よりも大雑把な奥さんはそれなりに快適に暮らせているといった感じです。笑

 

職場のデスクは物が置かれてなく誰よりもキレイであるのが密かな自慢だったりするのですが、帰宅すると上記のような状態の為何とかしたいと強く思うようになりました。

 

足りない頭を働かせて考えてみたものの『結局は行動あるのみだな』という事で、以下の事をこれから実践してみようと思います。

 

1.共用部分に自分の私物を置かない

机/ソファ/畳の上に私物を置くとパートナーにも私物を置きっぱなしにさせてしまう心理的効果が働きそうなので、自ら率先して目に見える部分に自分の私物を放置しないように努める。片付ける位なら捨ててしまおうという物も結構ありそうです。

 

2.散らかっている物自体に着目してみる

現時点で散らかっていると認識できる部分に着目すると…

  • 商品が梱包されていたダンボー
  • 取り込んだまま畳に放置された洗濯物
  • 洗うのか洗わないのか分からない椅子にかけられた服
  • 最後に使用したのがいつか分からない健康器具
  • 今後読む事があるのか分からないようなチラシや書類
  • コードレスなのが仇となってどこにでも放置される掃除機
  • 机の上におかれた時計、充電器、カメラ、保湿クリームなどの雑貨

…といった感じで散らかり放題です笑。原因は『置き場所が決まっていない事』なのかと思いました。捨てる場所や保管する場所がきちんと決まっていればこのような事はない…と言うのは簡単なのですが、実践し継続し続けるのって難しいですよね笑。

 

ゴミを捨てやすい環境、物を片すのが面倒とならない環境を作る事が大切だと再認識致しました。

 

3.単純に持っている物を減らしてみる。(目指せミニマリスト)

もし大きめのリュックを一つ渡され『この中に入るもの以外は捨てなくてはならない』と言われたとしたら、何をリュックに入れるかなと想像してみると…。

  • パソコン
  • 数日分の衣服
  • カメラ
  • 腕時計
  • 予備の靴一足
  • 財布
  • スマホ

こんなもんですかね。こう考えると上記以外の物は『趣味のもの』だったり『より生活が便利になるもの』ではあるかもしれないが、なくてはならないという訳ではない事が分かります。

 

衣服や靴ももう少し減らせるかも知れません。

本などは電子書籍に統一し全て処分でもいいかも知れません。

いつ使うか分からない健康器具…いらないですね笑。

学生時代からの相棒、ベース。今後弾く事あるのでしょうか。

増えすぎた登山ザック。背負える背中は一つだけです。

無駄に多いソファ達。一つあればいいです。

 

こう考えていく内に頭の中がスッキリしてきて目に入る物のほとんどを処分したくなってきました笑。『どうせやるなら徹底的に』です。処分を進めていくと最終的に物が少なくなり、『借りてる部屋の広さも無駄だから、もう少し狭くても便利な場所に引っ越そう』という発想も出てきそうでワクワクします♪

 

 4.奥さんをその気にさせる

勘違いされそうな見出しですが(笑)、一緒に住むパートナーにも同じ意識を持ってもらわないといけません。その為には『あれ?うちの夫、変わったな』と思われる事が重要だと思っています。

  • 散らかっている物は率先して自分から片付ける
  • 不要になった物は処分、もしくはフリーマーケットへ出品していいか聞く
  • 処分する私物をゴミ袋に詰め、視覚的に断捨離の気持ち良さを伝える。
  • 今の部屋よりも狭くなるが、新しくオシャレな物件情報を見せてそそのかす。

最後の物件情報はちょっと狡猾ではありますが、うちの奥さんには効果が期待できそうです笑。

 

とりあえずこの4本の柱を軸に、脱散らかり生活を目指していきます♪時期を見て途中経過をまたお知らせ出来ればと思います。